月別アーカイブ: 2016年11月

孫とトイレとちょこっと幸せ

昨日は、ひさしぶりにお出かけでした。我が家で家族が集合して、息子たちと孫と一緒の時間を過ごしました。天気もよく、とても暖かな1日。しかし、なぜか目があかない1日でした。それでも、顔色が悪いわけでもなく、体温もいい調子だった。こればかりは、わからない。

孫は、妻の顔をさわりながら「バァバ、どーしたのー」と言っていた。それからは、もう一人舞台で、はしゃぎ回って、、、妻はちょっとだけ目をあけられたけど、すぐ目を閉じた。何かの都合でそうなってしまっているのだろう。しかし、このうるささもまた、楽しいひと時だっただろう。

孫は、自動で流れたりふたがあくトイレにはなしかけていたそうだ。用を足し終わったのに、グズグズしていてまた蓋があくので「もう終わったよー、もういーですよー」と。よしよし、素直にいい人に育っている。

ぼくらは、こんな風になんでもない瞬間に「幸せ」を感じる。
きっと、妻もただ騒いでいる孫や、息子がギターを弾いていたり、そんなザワザワしているひと時を楽しんでくれただろう。

それにしても、お出かけで目があかないことは、初めてだったので、ちょっと心配で、今日は昼過ぎに行ってみたら、お目々パッチリといい顔をしていた。昨日はなんか、タイミングがあわなかったのかな。ぼくらにはわからない、なんらかの理由があるのだろう。

考えていてもわからないので、今日は、今日。調子も良さそうなので、端座位。
ここのところ、あまり病院にいけていなかったので、端座位は久しぶりだ。しかし、首は安定していて、いつもの左回りヘッドアップは見事に2回やることができた。調子のいいときには、5回くらい出来ていたから、やはり、毎日トレーニングすることが大切なんだな。

しかし昨日、妻を持ち上げるときに、また腰をやってしまった。今年は8月末から3ヶ月にわたり、腰痛とつきあっている。明日は、端座位はお休みさせてもらおう。雪をみながら、トイレと会話する孫のことでも考えながら、ゆっくり身体をやすめよう。

「もう終わったよー、もういーですよー」・・・声が聞こえてくるようだ。