月別アーカイブ: 2013年8月

にぎやかな病室 その4

初作品「こころの流れ」を書いた後、いくつか俳句を歌った妻。レンギョウの花の歌について話しはじめました。それにしても、妻が星野富弘さんの詩を知っていたのは何故だろう? 妻は高校2年の夏休み前に中退して、東京に出て来てスナックbarの店員を始めました。東京に出て来てから、演劇や映画に連れて行ってくれた、当時、映画関係で働いていた方がいたという話を、僕もよく聞いていましたから、たぶんその方から教えてもらったのではないかなと思います。今度その方とあったら、確かめてみよう。

さらに8月8日のつづき・・・「こころの流れ」のあとに、俳句を歌いはじめた。

『息ひとつ メモるその手にレンギョウを』 続きを読む

にぎやかな病室 その3

もうすぐ妻の誕生日です。今年は妻が倒れて3年記念だらけです(笑)倒れてからのことを記念と言っていいのかどうか?わかりませんが、この前妻が褒めてくれたので、記念という単語を使う事にしました。今年は、僕らの3周年記念だらけです(笑)今日も、柴田先生が来てくれた8月8日のつづきです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私が詩をかくようなことになるとは思わなかったので、自分でも驚いていますが、良い詩かどうかは別にして、気持ちを書き込めて詩をつくることが出来てよかったです。 続きを読む

にぎやかな病室 その2

今日の端座位30分。段取りを間違えて、iPodをカバンから出し忘れたまま座らせてしまった。あらら、音楽も聞けないし、少し熱もある。目からはつまらない光線が出ている。そこで良い事を思いついた。星野富弘の詩をiPhoneで絵を見せながら読み上げてた。これはヒットだった。目が輝いた!「そうこれこれ!レンギョウはこれよ!」と。では今日は、前回のつづきです。8月8日の記録・・・柴田先生は入ってくるなりもう妻と話し始めていました。あらら、もう始まったの?妻も話したい事がたくさんあって、堰を切ったように話し始めました。 続きを読む

にぎやかな病室 その1

20130809002956e95
<“しあわせ” っていうものは、自分の考え方ひとつで、いつでも身近にあるものです>・・・・などという耳障りの良いことをよく耳にします。ある意味それはその通りですし、でも心のどこかでは、胡散臭い切り口だなと思うこともある。だいたい「しあわせ」を定義づけしないで、イメージだけで捉えると、何でも言えちゃうという危なさがある。でも、なんでもない毎日の幸せって本当にあるんだよなぁって心底思うこともある。でも、これがまた難しい。 続きを読む

入力情報とその反応(正直者のケースについて)

一昨日の眠り姫ほどではないけど、昨日も今日も、いまひとつスッキリしていない。でも、顔をあわせた表情に、吹き出しを付けるとすると「あら、来たの?」と言った、なんともつれない感じである。本当の気持ちは、もっと違うかもしれないけど、無表情に近いので、吹き出しをつけるとすると、そんなイメージになる。「そうだよ、来たのさ」と答えるわけである。 続きを読む

優しさの芽生え

IMG_1806
びっくりするほどよく眠っている。お昼のこの時間にこんなに爆睡しているのは初めてのことだ。これでは起こすわけにはいかぬ。そんなわけで暫くはベッドサイドで本を読んでいたけど、つまらないから足の爪を切ったりしてから、足のマッサージをした。身体をさわってもまだまだグッスリだ。熱でもあるのかな?と計ってみても今日はバッチリ平熱だ。いつもなら絶対「い」「く」を連発している体調のはずである。でも今日はお休みモードだ。しょうがいないよね、これも初めての経験です。つまらないから顔を剃ってみる。薄っすら目があいた。「やぁ」と声をかける。〈パチリ〉としてまた夢の中へとまどろむ。 続きを読む

夏祭り

IMG_1803

鉢巻をしているのは妻である。
へー。こんなイベントを毎年やっていたんだ。この夏祭りイベントのことは去年も一昨年も知らなかった。今日はベッドへ行ってみると妻の姿がなかった。夏祭りに遊びに出かけてしまったようだ。いつものように、つまらなそうな、こわそうな顔で太鼓と踊りをデイルームで楽しんでいた。看護師さんや、リハビリの方々が今日は浴衣姿だ。夏は毎日この姿でリハビリすればいいのにね。その方が、病院も楽しいのにな。先生が、浴衣だともっといいけど、その姿は見られなかった(笑) 続きを読む

スギちゃんの勝ち

今日は「い」「く」とやっていたのに、端座位30分でぐったりしてしまった。もう目がまったく開かない。歯磨きしても、目を閉じっぱなし。車椅子に乗る気ゼロ。しょうがないね、こう言う時は、志村どうぶつ園しかない。先日、途中打ち切りだったこともあるのだろうが、この威力は確実である。ローラとヒヒのみみきちの場面から、続きをスタートさせたのだけど、あっというまに目がパッチリだ。看護師さんが「西嶋さん、ビデオみているの?」と尋ねてきた。どうも、意思をもって見ていると思っていないようだ。もうテレビドラマだって、バラエティだって、意思をもって見ていることは確実だけど、 続きを読む