月別アーカイブ: 2013年6月

不純異性妄想

おでこを触ったら熱っぽい。でも目はパッチリと僕を見ている。でも、口はうごかない。なんだか、意味のありそうな目で僕を見ている。手をにぎりながら「今日はどうする?」と聞いてみる。なんかわからないけど、どうも一方的に妻には伝わっているような気がする。

熱を計ると37.1℃だった。まぁまぁ、大した事はない。これなら端座位をとれるだろう。まずはセブンのアイス珈琲だ。ミルクいれる?<パチリ>、シロップ入れる?<・・・>、でもなんかNOには感じない。もう一度訊いてみよう。ミルク入れる?<パチリ>シロップ入れる?<パチリ>ほらね。 続きを読む

ママ泣かないでね(GSM in KOUNOSU)

IMG_1743-1
今日は、鴻巣でのきんこんの会(略して何故かGSM)に参加させていただきました。この会は、本当にすばらしいの一言です。タイトルは、みなさんの七夕の短冊に何を書く?というテーマの言葉の中のひとつです。あまりに素晴らしい言葉の連続で、選びきれなかったので、最年少の彼の短冊の言葉を今日のタイトルとしました。

他にも覚えている範囲でですが「心を大切に」「みんな一つの命」「よい光を!」「夢を広げよう」「僕も人間だ!」「愛する仲間たちよ・・・」「願いはありません」→改め「奇麗な声で歌いたい」などなど、この会に参加することで、本当に「深くて美しい言葉」=「心からの気持ち」を受け取ることが出来る。「みんな一つの命」は、いつもかっこちゃんが伝えてようとしている気持ちと同じことを言おうとしているのだろうと思うし、「願いはありません」は悲観的な言葉ではなくて、あるお嬢さんの作品を柴田先生が聞き取って、それを今日歌ったのですが、それで夢がかなっちゃったから、嬉しすぎて今年は、短冊にかく言葉がなくなっちゃった・・・ 続きを読む

へんなおじさんとシャボン玉

IMG_1741

いつだったかな?病院の帰り道、アパートの前でシャボン玉やっていた子供が、手頃な大きさのシャボン玉の落下点にまわりこみ、上手に口を開けてパクリとやって、どや顔していたのを見た。そのことをFacebookに書いたら「シャボン玉、新しいことかも」みたいな書き込みがあって、とても気になっていた。 続きを読む

青空とへんな実験

最近、アイスコーヒーはセブンイレブンで買うようになった。この前、マクドナルドが込んでいて、あーあ、今日もジュースだなって思いながら、セブンにはいったら、挽きたてアイス珈琲が目に入った。SEVEN CAFEとか言っちゃって、美味しいのかな?とレギュラー100円を買ってみたら、びっくり美味しかった。なんというか、わかりやすい香りと、ちょいと酸味があって、これは妻の好きな味じゃないかな。今日は、ミルク入れる?シロップ入れる?と問いかけると、うまく最初は合図はできなかったけど、まばたきしてみて、と言うと、ちゃんとパチリと意思表示をした。では今日は、両方いれるのね?<パチリ>OK了解!そうしましょう。 続きを読む

エアー筆談!トライアル

今朝、病院に来たらベッドに妻がいない。スケジュール表を見ると理学療法の日だった。朝から車椅子でリハビリルームに連れて行ってもらっているのだ。本当にありがたいことだと思う。もちろん妻は動けないのだから、ベッドの上でもいいはずだ。しかし、皆があつまるリハビリルームに行くということは意味があると思う。雰囲気が伝わってくるし、それも一つの刺激である。

僕は個室より複数のベッドが置いてある部屋のほうがいいと思っている。これは奥沢病院の院長先生に前に言われたことですが、妻のような状態で個室にいると、まったく静かで刺激がない状態となる。 続きを読む

歌声が届く場所

最近「奇跡の脳」を読んでだり、唯識を勉強したり、静功(呼吸法・瞑想)をしたりと、その総合的な感覚として思っていましたが、昨日の「きんこんの会」に参加してますます思いをつよくした事があります。やはり、情報が伝わる形、脳のどこの部分を通過して伝わるタイプの情報なのか?によって、表現が出来たり、出来なかったりするのだろうということです。

妻の場合、言葉でものを考えて、その内容を理解して、その言葉に連動した動きを作り出すということが出来ません。とても苦手です。しかし、最初に顔をあわせたときの挨拶。帰る時のバイバイの挨拶。これだけは、しっかりと首を動かしたり、まばたきをしたりして、返事をしてくれます。これは、当たり前の礼儀であって「言葉」で考えるとかいう以前の動きで、生理的な感覚=「動き」という具合に直結しているように感じます。ようするに 続きを読む

頑張れシュシュシュッ!(in GSM)

「きんこんの会」というのがあります。障害をもった人たちのコミュニケーションの場なのですが、会のネーミングは<鐘が響き合うように、当事者たちの気持ちが響き合い、その響きが世の中へ共鳴してゆくように>というような意味だったと思います。妻は連れてくることは出来ませんが、今日は午後の本会議の前、午前中に、コミュニケーションについてのワークショップがあったので、午前から参加させてもらいました。

柴田先生たちは、とても不思議な方法でコミュニケーションをとりますが、あれは僕もわかるような気がするのです。なんというか、気持ちが同一の場所におかれたときに、 続きを読む

夏至

ここのところ、妻の動きがにぶい。お優さん、アヤヤ、赤ちゃんトライアングルが来たときは、その刺激ではっきりと動きが見える。しかし、また停滞する。なんか、このダラダラした湿気をもたらす、梅雨前線のように、行ったり来たりである。

今日は夏至。太陽が北回帰線上にあり、北半球では一番日が長く、夜が短い。いつも思うのですが、何故、一番日が長いこの時が「真夏」ではないのでしょうか?一番日の短い「冬至」のときが、何故「真冬」ではないのでしょうか? 続きを読む

右脳の女(ひと)

IMG_1703
午前中に100円ショップへ行って、ホイッスルを購入。それとこの写真の、あかさたなスキャン用、スペシャルボードを制作した。昨日の、あかさたなへの意欲をもう一歩進めたい。妻の動きに触発させられて、将来のレッツチャットへとつなげるために、文字の配列は同じにして制作した。そろそろこういうボードがあるといいなと思っていたので作ったのですが、これが今日はぜんぜん目があかない。熱があるわけではない。30分の端座位はいつも通りにやってから、車椅子にのったら“おやすみモード”になった。外にでても暑すぎるし、部屋の中だとつまらないのかな? 続きを読む

”体当たり”の余韻

今日は病院へ到着が遅くなったからか?いつもより動きがよくない。やはり、リズムというのが大切なのかもしれない。妻の中で、パワーを充実させているタイミングがあるのかもしれない。そんなことを感じながら今日はアップルティーでスタート。

これ美味しいよ、飲んでから端座位やろうね。<パチリ>一口のんでから、美味しい?と聞いてみる<パチリ>良かった。じゃ、もう一口飲む?<パチリ>・・・と、まばたきの調子はいい感じだ。本当に、この3年ほどは壁打ち、素振り、シャドーボクシング、何と言えばいいかわからないけど、そんなのをやり続けて来たから、このレスポンスは本当に嬉しい。 続きを読む