風、光、孫、おでん

IMG_3636
爽やかな風、太陽の光は暖かいし、気持ちいい。先日、孫の運動会に行って、録画したムービーやら写真やらを公園で妻にみせながら、ふっと、幸せだなと思う。

面白いもので、これは2つの考え方があると思う。「あー、こいつも来たかっただろうな。運動会はみれないし、なかなか、外出はむずかしいし、かわいそうだな」・・・っていう考え方もある。そして、アホなぼくみたいに「あー、気持ちいい。あ、そうだそうだ、一昨日ね、運動会行ってきたんだよ。それがさぁ、場所は長男の小学校の体育館でサァ・・・・どうの、こうの、あーだ、こーだ。」と言いながらムービーやら写真やらを見せて・・・あー、しあわせ。って思うこともありだと思う。

かっこちゃんの今日のメルマガを見ていて、大ちゃんのことば「しあわせと思えることがしあわせなんや。」・・・これ真実・・・ほんとうにそうだよなと思う。思ったもの勝ちみたいなもので、気軽にしあわせになる精神構造は作れるのではないかと思う。そう考えると、ぼくらは、しあわせになる練習を繰り返しているのかもしれない。だとすると、これはかなり楽しい。練習を重ねれば重ねるほど、しあわせになるのだから、これは面白い。

今日は、外でゆったりとした一時を過ごし、それからリハビリを車椅子のまま受けて、首の運動をした。それからベッドにもどり、フィギュアスケートカナダ大会1日目をみている。彼女もなかなかいい1日だと思っているだろう。でも、このあと羽生くん、ジャンプ失敗してまさかの6位スタートだったりするんだよなぁ。

でも、負けないとドラマチックな逆転はできないしね。同じ物を見ていても、あるいは、同じ状況の中ででも、それをどう捉えるのか?やっぱり考え方、捉え方で、物事は大きく変わるものなんだよな・・・って、気づくとプチハッピー。こんなちょっとしたハッピーを毎日見つけて生きていけば、それはやっぱりしあわせってことなんじゃないのかな。

今日は帰るとおでんがまっている、きっと昨日よりしみて、旨くなっているだろうな。こんな想像もまた、しあわせである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です