端座位式1+1=「3」

ちょっと見ないうちに、すごいことになっている。昨日は、専門学校の講師とそのあとに、打ち合わせ、一昨日は打ち合わせの連続で、病院へ行けなかった。3日ぶりに顔を見る。まぁ、まぁ、な体調だなと思った。

「ごめんねー。端座位毎日したいのに、2日も空いちゃったね。今日はバッチリ時間があるから、端座位も車椅子も両方やろうね!」<う>・・・っと、スムーズに唇を突き出した。「へー、そんなにはっきりわかるように、出来るんだ。今日は、調子いいのかな?」<う>・・・じぇじぇじぇ・・・。じぇじぇじぇである。ぼくは、このくらい、ちょうど忘れられるタイミングで、ガチョーンを使うようなセンスが好きですが、まったく、びっくらぽんです。

今日は、ぼくの質問に対して「○」「×」を、はっきりとした <う> で答えることができました!
もー、本当に嬉しです。今までも、出来ることはありましたが、1日1~2回という期間限定という、超レア商品で、プレミアがついていた<う>なのです。ところが、これが手のなかなかとどかない<う>が、普通に目の前に現れて、それも<う>レベルがグレードアップしているのです!

まったく、いつも書きつづけてきましたが、「0」が、たまーに、偶然「1」を出すのですが、それが1~3ヶ月に1回「1」を見ることができますが、これが1月に1回見れるようになって、頻繁になって、また見れないときがあって、そして今日、「1」はいきなり超上手になって「3」レベルとして目の前に現れたのです。イリュージョンのようですが、これは、事実です。錯覚でもなんでもないのです。

端座位しながら、すごいすごーい。ばかり連発しました。まったく、他人がみると、ちょっとあぶない変なおじさんです。そーです。それでもいいのです。私が変なおじさんです。

あ、今、思い出した。ちあきなおみの X+Y=Love のイメージでタイトルをつけよう。
端座位式足し算1+1=3 どうですしょう?

ようするに上機嫌ということで、今日の報告を終わります。


端座位式1+1=「3」」への7件のフィードバック

  1. 清水 広行

    本当に、すご~いですね。
    目を閉じると、その光景が浮かんでくるようです。

    返信
    1. t.nishijima 投稿作成者

      病院転院のことは、順調に進んでいますでしょうか?
      リハビリを、徐々にやっていけば、変化は必ず現れます。
      出来る範囲で、ゆっくりと、一歩づつやれるといいですね!

      返信
      1. 清水 広行

        ありがとうございます。
        いつもブログ拝見させていただいております。
        転院先病院は、12月に入ってから見学、お話しに、お伺いする予定です。
        これからも、よろしくお願いします。

        返信
  2. くるりん

    清水さま
    何県にお住まいですか?
    指談という、コミュニケーションの方法があります
    お近くの講習会に参加されることをお勧めします

    時間的、体力的に可能なら、足や手の関節の曲げ伸ばしや、口腔内のマッサージを毎日されるといいですよ
    どなたかの手助けは得られますか?
    お仕事や家事や、子育てもされてるなら、なかなか時間が取れませんよね

    どうしても、無理されるとは思いますが、意識して休息をお取りくださいね
    お大事に

    返信
    1. 清水 広行

      くるりんさんへ

      お心遣いありがとうございます。
      京都に住んでいます。
      良い情報がありましたら、よろしくお願いいたします。

      返信
  3. くるりん

    清水さま
    京都ですか
    息子が二人、京都で大学生活を送ってましたから、数年は時々訪れていました

    大阪で活動する、大阪白雪隊の方と繋がれると、近い場所の講習会などの情報がもらえるかもしれません

    転院したら、いい面も不満な面もあるとおもいますが、あせらずあきらめずで、奥様と向き合えたらいいですね

    返信
    1. 清水 広行

      くるりんさんへ

      ありがとうございます。
      また、報告させていただきます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です