端座位、まれ、ユーミン、ポリス

見るものがなくなった。DVDRに焼くのが間に合わない・・・・。今日もまだ、サチュレーションは低めだ。気になる。今月末のお出かけがいけるのか?ちょっと心配。でも、妻はマイペースで端座位をして、それからDVDを見ている。

「まれ」を見せようとしたら、ずっとぼくを見ている。あれ?と妻を見返すと、首をプンッって横にふる。。。うーむ、これは、もうこの前見たよ・・・かもなと思い、次の日の「まれ」に切り替えたら、見始めた。

なるほどー、昨日はぼくは病院に来れなかったから、多少、ダブっても、15分なら大丈夫だろうなどと思っていたが、妻は一昨日、最後にみたドラマ内容を覚えていたというわけだ。

どうも、このドラマはここのところのストーリー展開が雑だ。だから、つまらなかったのかもしれないな。それで、「まれ」はすぐに終了して、見るものがなくなった。

病院のベッド脇の引き出しのDVDをひっくり返してみると、昔の保存版ユーミンがあった。これは見たことがるけど、ずいぶん前のだから、今みてもまた面白いだろうと、みはじめたら、ドラマよりしっかりと見入っていた。ぼくがチョイスすると、どうしても、ダビングするレパートリーが狭いから、あきちゃうのかもしれない。こういう時に、音楽は有効だな。

・・・と、いま、気づいたらポリスの演奏に変わっていた、、、たぶん東京ライブじゃないかな。こんなの、DVDにして見せようと思っていたんだな、ぼくは。それにしても、このライブかっこよかったなー。この3人はかっこいいとしか表現のしようがない。スティングは腹が出てないで筋骨隆々で、声もよく出ていた。コープランドのドラムは相変わらずクレイジーで、アンティのギターも、老練な味をだしている。

ポリスを最初に聴いたときには衝撃的だった。スチュアート・コープランドのシンバルのアクセントが、当時のぼくには、頭をひっぱたかれたような衝撃だった。よくレコードを擦り切れるまで聴くっていうけど、本当によく聴いたなぁ・・・。

妻もなんだかしらなけど、まだ見ている。激しい曲はうるさくて嫌いなはずだけど、スティングはメロディアスなのもたくさんあるからよかったのかな。そういえば、先日、KANさんの弾き語りばったりというのをみに行った。まったくすごい才能の人だ。もう少し早い時間からライブをスタートしてくれたら、連れていきたいのだけどなぁ。きっと「もー、KANちゃんたら。」って、みんながヘナヘナになるような、トークと名曲の数々。このシリーズを妻と一緒にみに行ったのは、もう9年前のことだった。ちゃんすがあれば、また一緒にいきたいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です