オモテナシ

5日ぶりの病院。
毎日来ていると、あまり歓迎されないけど、このくらい久しぶりだと、けっこう歓迎してくれる。しめしめ。これもいいものだな。今日の歓迎は、特別な技だった。

左の親指を大きく動かすという動きを披露してくれた。これはすごい。しばらく、見とれていた。はっと思い、携帯ムービーを構えたら、そこからはパッタリ出来なくなった。ぼーっとしている間に、力つきてしまった。

息子たちはなかなか来れないから、ムービーにとってこんなこと出来たと見せたくなる。本当は、見せれても、見せられなくても、本質は変わらないから、それでいいんだけどね。カメラにとるより、その事実をじっくり見たほうがいいと思うけど、見せたい気持ちもある。欲張りなのかな。

これが出来るようになったということは、日々、妻は妻の中で努力をしているということだろう。ちゃんと、自主トレをしているのだろうと思う。

いつの頃からか、言葉もわからなくても、それはそれで、成立しているからいいやという気分になっていたんだけど、最近、たまに何かを訴える目をしたり、口をモゴモゴしたりする。何をいいたいんだろうなぁ。やっぱり、こういうときに、一家に一台、もれなく、柴田先生や優さんがいるといいんだけど、そうはいかない。

きんこんの会にもしばらく行けていない。やっぱり言葉がわかるとうれしいだろうな。今度、優さんにきてもらって、もう一度、指筆談ならおう。妻も、日々努力している。がんばろっと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です